お金の問題 その1

お金の問題~その1「おつき合いの初期の段階で難しいお金の扱い方

たかがお金、されどお金

世の中、「お金よりも大切なものがある」ということは真実であるものの、「でも、やっぱりお金は大切」なこともまた事実です。
お金だけあっても幸せとは限らない反面、必要なお金が足りなかったら幸せでいることもまた難しいでしょう。
というわけで、今回はパートナーとのおつき合いにおいて「お金」をスマートに扱うための方法について考えてみたいと思います。

倹約家の男性は、自分と同じタイプの女性を探しましょう

その前に1つお断りしておきたいと思いますが、ケチなタイプの男性は、まず間違いなく大半の女性に嫌われます。
中には「以前に浪費家の男性とおつき合いして懲りたので、男性はケチなぐらいでちょうどいい」と考える女性もいるかもしれませんが、そういう女性は少数派です。
そして、ケチな男性は大抵「どちらかといえば自分はケチな方である」ことを自覚しています。それで失敗した経験も恐らくあるはずです。
それにもかかわらずケチであることをやめられないのですから、これは相当な癖(へき)です。
「浪費家よりはずっといい」ことも確かではあるのですが、ケチは女性をシラケさせます。
ケチという言葉がよくなければ「倹約家」と言い替えてもいいでしょう。そんな男性にとって一番よいのは、自分と同じタイプの女性をパートナーに選ぶことだと思います。

おつき合いの初めの段階でアピールすべき点を間違う男性

いずれはお互いに、「結婚」を視野に相手を見きわめる段階へと進んでいくかもしれません。
けれども、おつき合いの初期の段階では女性としては夢がほしいものです。
「白馬に乗った王子様」とまではいかなくても、男性にスマートなエスコートを求める気持ちは多くの女性が持っているものです。
そして「スマートなエスコート」の中には、やはり「支払いのスマートさ」も含まれていることは言うまでもありません。
たまに「どれぐらい稼いでいるか」や「どれぐらい貯金や資産があるか」ということを初めからアピールしてくる男性がいますが、結婚を考える段になって重要な要素となってくるようなそういうことよりも、まずは「今このときを一緒に楽しく過ごせる相手なのかどうか?」ということの方が先に来るテーマであることを忘れてはいけません。

グループのうちの誰か1人が支払うのが自然な場合

これは男女のおつき合いに限らず、生活のさまざまなシーンで経験することですが、複数で飲食をともにした場合「誰が払うのか? ワリカンにするのか?」といった場面がよく出てくると思います。
何らかの背景があり、特定の1人が全額を支払うのが本人にとっても周囲にとってもごく自然な場合もあります。
例えば親戚が集まって入院している人のお見舞いに行った帰りに、患者の子に当たる人が他の人の食事代を持つといった場合ですね。
これには当然「わざわざ遠いところから見舞ってくれてありがとう」という気持ちが込められているわけです。

おごる場合は、あらかじめ宣言するのもマル

けれども、出会って間がないカップルではそういった「暗黙の了解」は生まれ得ません。
お互いに気をつかうところです。ネットで出会ったカップルの最初の関門と言ってもいいぐらいです。
男性で多いのは、食後のお会計のときに、さも当然そうに全額支払おうとする方です。これは筆者の個人的な意見ですが、そういうときは着席の時点で「今日は私がご馳走しますから、何でも好きなものを注文してください」のひとことがあれば、もっとスマートなのになと思います。

お食事をご馳走になったら、お茶をご馳走しましょう

女性の方も、食事をご馳走になり、「引き続きどこかよそでお茶でも」ということになったら今度はお茶代は持つことにすれば、男性に好印象を与えられるのではないでしょうか。
一貫して財布を取り出す素振りを見せないというのでは、「ご馳走してくれるのなら会ってもいいけど、自腹で払うぐらいなら友達と食事に行く方がいい」と言っているようなものです。
本当にそうなのなら仕方がありませんが、そうではないのなら、好意を「お金を払う」という態度であらわすのもよいのではないでしょうか。
もちろん「お返しに、次に会ったときにちょっとしたプレゼントを」というのもいいですね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめの恋活・婚活Facebookアプリ


おすすめ記事

熟年再婚を考えるシリーズ

  1. 熟年再婚を考えるシリーズ5
    熟年再婚は死ぬまでの生活設計と財産分与計画を初めにきっちり立てる
  2. 熟年再婚を考えるシリーズ4
    子どもの立場から見た熟年再婚について
  3. 熟年再婚を考えるシリーズ3
    同じ趣味を深めることにポイントを置いたパートナー選びを
  4. 熟年再婚を考えるシリーズ2
    死別の方と離別の方との間にある深い溝をどうするべきか
  5. 熟年再婚を考えるシリーズ1
    豊かな心をはぐくめることにポイントを置いたパートナー選びを

婚活初心者さんへ

  1. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント7」
  2. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント6」
  3. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント5」
  4. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント4」
  5. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント3」