婚活のアドバイス

地方で婚活をする人へのアドバイス

皆さんの住む町はどんな町ですか?

婚活サイトでパートナー探しをするとき、特に人口の少ない地域にお住まいの皆さんはどういうふうに地域を絞って探していますか?
今日は、この「地域を絞る」ことの是非、また「絞る場合の絞り方」をテーマに一緒に考えてみたいと思います。
都会と地方の両方でネット婚活をした経験のある筆者としては、地方にお住まいの方へのアドバイスになる点が少しでもあれば幸いです。

まず、社会科の勉強のおさらいから始めましょう

皆さんは、日本の都道府県の中で人口100万人以下のところがいくつあるかご存じでしょうか?
2016年の国勢調査によると、9県あります。
一方、東京都世田谷区の人口は同じ調査では89万人余り。人口100万人以下の9県のうち、実に7県のそれぞれの人口は世田谷区の人口を下回っているのです。
このことはパートナー探しにどう影響するのでしょうか?
ちなみに、筆者が数年にわたってネット婚活をしてきた地域も人口100万人以下の県の、おまけに山奥で、住んでいる人の数よりも猿や鹿や狸の数の方が多いような地域でした。

地方で婚活をする人へのアドバイス

東京でいえば世田谷区の中だけで婚活をするのと同じ規模の人口で、しかも同じ県内といっても端と端では車で5時間も10時間もかかるというような中、限られた地域内でパートナーを見つけられる確率は、はっきり言ってそう高くないのではないでしょうか。
遠距離恋愛については、自然とそうなってしまったのならともかく、初めから好んでしたくないという気持ちもわかりますが、「自分からの物理的距離の近さ」という縛りを緩めてみたら、ぴったりのお相手にめぐりあえる可能性も増すことと思います。

端と端の「同一県内」よりも、いっそ首都圏の人を探すのも1つの方法

例えば、あなたにお芝居やミュージカルなどへの関心があったとしたらどうでしょう。
その人に会いに行くためだけに東京へ行くのは大変かもしれませんが、東京でしか観られない舞台を観に行くという目的も加わればいくらか行きやすくなるのではないでしょうか。
パートナーも、休日にはあなたの住む地方を訪ねてきてくれるかもしれません。
少なくとも同一県内で離れた場所の人とおつき合いするよりは現実的ではないでしょうか?
人口の少ない地域に住んでいる方は、少し角度を変えて考えてみるのもいいかもしれませんね。

しかし、ハンディがあるのも事実

とはいっても、大都市圏在住者同士の方が気軽に会いやすいことは当然で、その点、遠方から会いに行く側にはやはりハンディがあることも事実です。
このハンディをなくそうと思えば、方法はもう1つあります。

別の地方の人とのおつき合いはいかがでしょうか?

相手が大都市圏に住んでいて自分は地方に住んでいるという場合、「いつ相手が手近に会える相手の方に流れてしまうか」という不安をいつも抱えていなくてはなりません。
そんな卑屈な気持ちに陥りたくなければ、地理的条件が自分と同等の中からパートナーを選ぶのも1つの方法です。
お互いに交通の不便な地域に住んでいる者同士、しかも近くではひととおり探してみたけれどステキなパートナーにめぐり合っていないという二人なら、少しくらいの距離は気にせずに大切に大切に「たった一つ」の出会いを育んでいけるかもしれませんね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめの恋活・婚活Facebookアプリ


おすすめ記事

熟年再婚を考えるシリーズ

  1. 熟年再婚を考えるシリーズ5
    熟年再婚は死ぬまでの生活設計と財産分与計画を初めにきっちり立てる
  2. 熟年再婚を考えるシリーズ4
    子どもの立場から見た熟年再婚について
  3. 熟年再婚を考えるシリーズ3
    同じ趣味を深めることにポイントを置いたパートナー選びを
  4. 熟年再婚を考えるシリーズ2
    死別の方と離別の方との間にある深い溝をどうするべきか
  5. 熟年再婚を考えるシリーズ1
    豊かな心をはぐくめることにポイントを置いたパートナー選びを

婚活初心者さんへ

  1. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント7」
  2. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント6」
  3. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント5」
  4. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント4」
  5. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント3」