「ケガの功名」ならぬ「ケンカの功名」

仲のよいカップルであっても、時には些細なことでケンカをしてしまったり、気持ちがすれ違ってしまったりすることはありますよね。
ここでは、ケンカをした時にふと立ち止まって考えてみたいこと、についてアドバイスさせていただきます。

「ケンカをするほど仲がいい」の意味

皆様は、「ケンカをするほど仲がいい」という言葉をご存じでしょうか? 
筆者も若いころは、この言葉の意味がわかりませんでした。「仲が悪いからケンカをするんじゃないの?」などと思っていました。

しかし今では、よくわかります。簡単なことです。
これが同性の友人であったとしても同じことです。
仲が悪いということは、ケンカをした挙げ句に仲が悪くなったのかもしれませんが、いったん本当に仲が悪くなればそれ以上ケンカをすることはないはずです。
だって、話もしなければ一緒に何かをすることもない、そんな二人の間ではケンカも生まれようがありませんものね。

「愛の反対は憎しみではなく、無関心です」という言葉からもわかるとおり、お互いに無関心であればケンカも起こりようがないということですね。

1つの寓話からわかること

こんな話もあります。

あるところに母と姉妹の3人暮らしの家庭がありました。母親は仕事を持っていたため姉妹が中心に家事をするのですが、妹は働き者であるのに対し、姉娘は怠けてばかりです。妹はあれこれ一生懸命やってくれるのですが、たまには失敗もするので、母親は妹を叱ることがどうしても多くなります。

妹が叱られるのを見ていた姉娘は、こう言いました。「あんたは失敗ばかりで怒られてばかり。私は怒られることなんて全然ないわよ」

それを聞いた母親が姉娘に何と言って怒ったか、もうおわかりでしょう?
「おまえは何も家事を手伝いやしない。何もしなければ、それは怒られることがないのも当たり前だ。妹は一生懸命あれこれやるから、10やるうちの1つは失敗することもあるだろう。どちらが偉いかは誰にだってわかる」と。

「時にはケンカも当たり前」と考えて

あなた方カップルにしても、同じことが言えます。つき合っていれば何週間に1回かは、それは気持ちのすれ違うこともあれば、時にはケンカに至ることもあるでしょう。そして人は誰しも、ケンカという「ビッグイベント」がひとたび起これば、そこにばかり目が向きがちです。

でも、そんなときは決して忘れないでください。
その1つの小さなケンカの裏に、どれだけの二人の小さな幸せが積み重ねられてきたかを。
そして、その積み重ねてきたものは、そんなつまらないケンカによる一時の感情の暴走で台なしにしてしまってもいい程度のものなのかを。

いつもあなたのためにあれこれと細かく心を砕いて尽くしてくれるパートナーが「たまにはずしちゃったり」したこと、いつも優しく穏やかなパートナーが少し疲れていて「ちょっとトゲのある物言いをうっかりしてしまった」こと、いつも近くにいて仲よくつき合っているからこそ、そんなことも時にはあるのではありませんか?

最近は特にSNSでの交流が人づきあいの中心で、「ケンカ慣れ」していない人も多いものです。
面と向かっての言い合いには「打たれ弱い」と言ってもよいでしょう。
ですが、傷つけ合うためのケンカではなく、お互いに理解を深めるためのケンカなら、そんなケンカも時にはいいものではないでしょうか。
「雨降って地固まる」ということわざもありますしね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめの恋活・婚活Facebookアプリ


おすすめ記事

熟年再婚を考えるシリーズ

  1. 熟年再婚を考えるシリーズ5
    熟年再婚は死ぬまでの生活設計と財産分与計画を初めにきっちり立てる
  2. 熟年再婚を考えるシリーズ4
    子どもの立場から見た熟年再婚について
  3. 熟年再婚を考えるシリーズ3
    同じ趣味を深めることにポイントを置いたパートナー選びを
  4. 熟年再婚を考えるシリーズ2
    死別の方と離別の方との間にある深い溝をどうするべきか
  5. 熟年再婚を考えるシリーズ1
    豊かな心をはぐくめることにポイントを置いたパートナー選びを

婚活初心者さんへ

  1. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント7」
  2. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント6」
  3. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント5」
  4. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント4」
  5. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント3」