婚活のアドバイス

サイトで知り合ったことを友人や家族にどう話す?

サイトでの出会いは後ろめたいことではありません

メッセージのやり取りから始まって、お互いに初めて実際に顔を合わせ、順調に交際が進んできました。今では出会ったきっかけなんて二人の間ではほんの小さな部分のことで、出会ってから今まで積み上げてきたものの大きさに感動してしまうくらいです。

さあ、そこで必ずといっていいほどまわりから聞かれることがあります。「どこでどうやって知り合ったの?」と。
「そんなことどうだっていいじゃない」「あなたに関係ないでしょ」と言いたいところですが、聞きたい気持ちも、まあわかりますよね。そんなときは何と答えましょうか?

サイトで出会ったことをあくまでも隠すという選択

「外国の人とつき合ってるの!」「年の離れた人とつき合ってるの!」「バツイチの人とつき合ってるの!」
・・・なぜ他人は他人のつき合っている人にそんなに興味を持ち、口出ししたがるのでしょうか?特に親戚の多い方なんかは大変ですよね。「外国の人」や「年の離れた人」とつき合うことに対してもどうやら偏見のあるご様子の方に向かって、何もわざわざ「サイトで知り合いました」と、おいしいネタを投げかけてあげる必要はないかもしれませんね。
「でも、いい人なんだよ」「だけど、きちんとした人なのよ」なんて弁解するのも馬鹿馬鹿しいですし、何も弁解しなきゃならないこともないんですから「君子、危うきに近寄らず」で行くという選択です。

正直にありのままを伝えるという選択

「別に何もやましいことはない」んだから、堂々としていればいいという考え方ですね。筆者も基本的にはそう考えます。
別の項でも「ウソはいけませんよ」とも書きました。ただ、こういう場合こそ「ウソも方便」を発揮するときと言えなくもありません。だって、信条に反してウソをつくことはしたくないけれど、わざわざ偏見の目にさらされるのも相手をさらすのもイヤだし、どうしても前述のような弁解口調になってしまうのもおしろくないじゃありませんか。
まあ、たずねてくる相手にもよりますよね。かといって、相手によって答えを変えるというのでは、それこそ「一つウソをついたら十のウソをつかなければならなく」なりますよね。

二人で考えて二人で決めるなら、どちらでもマル

こんなことにお手本も教科書もないのですが、結論を言えば「相手につくウソはダメだけれど、他に向かって一緒につくウソはいい」んじゃないでしょうか。二人の愛にその方が波風を立てないと二人が判断したのならそれでOKだと。
親しい相手には聞かれなくても機会があれば自分から話すだろうし、相手が自分から言わないことをしつこく聞いてくる相手には適当に答えておけばいいのではないでしょうか。大丈夫、それで神様のバチが当たったりはしませんから(笑)

ということで、こんなことについても二人で意見交換し合えば、お互いの知らなかった一面を発見したりして、また一段とお互いに理解が深まるんじゃないでしょうか。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめの恋活・婚活Facebookアプリ


おすすめ記事

熟年再婚を考えるシリーズ

  1. 熟年再婚を考えるシリーズ5
    熟年再婚は死ぬまでの生活設計と財産分与計画を初めにきっちり立てる
  2. 熟年再婚を考えるシリーズ4
    子どもの立場から見た熟年再婚について
  3. 熟年再婚を考えるシリーズ3
    同じ趣味を深めることにポイントを置いたパートナー選びを
  4. 熟年再婚を考えるシリーズ2
    死別の方と離別の方との間にある深い溝をどうするべきか
  5. 熟年再婚を考えるシリーズ1
    豊かな心をはぐくめることにポイントを置いたパートナー選びを

婚活初心者さんへ

  1. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント7」
  2. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント6」
  3. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント5」
  4. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント4」
  5. 婚活初心者さんへ 経験豊富な先生からのアドバイス~「婚活サイトでのプロフィール作成のポイント3」